義母が与えた唾液まみれのチョコレートに卒倒…

赤ちゃんは元々虫歯菌を持っていない。

親子間の箸やスプーンの共有など、唾液で虫歯菌は感染する。

もちろんキスなんてもっての外。

可愛いわが子にちゅーちゅーしたいのをぐっと堪えてる方が沢山いると思います。

私も夫も耐えてましたよ~!

じじばばにも気をつけてもらうように話してました。

自分の記憶でもはっきり覚えているのが、娘が初めてチョコレートを口にした日のこと。

それまでずっとチョコは遠ざけていて、本人も興味を示したことはなかったんだけど、ある日家に遊びに来た義母、つまり娘にとっては祖母が、娘の口にチョコレートを。

これ、あげちゃっていいのかなぁと言いながら、大きなチロルチョコをかみ砕いて、娘の口に入れていたのを目撃してしまった。

がーん・・・

この一言に尽きた。

それまでちゅーも我慢して、チョコも遠ざけていたのに、唾液まみれのチョコなんてダブルパンチだ、終わった。

娘の虫歯は祖母のせいではないと思うけど、これを目撃してしまったせいで私の中の『娘の歯を守る』という気持ちのガードが崩れちゃったのです。

もう無理だな。

と勝手に決めつけて、あきらめて、歯磨きも適当になり、チョコやガム、飴やお菓子を食べても危機感を持たなくなってしまったのでした。

きちんとしたい、と思ってはいるのに詰めが甘くて、うまくいかないと逃げ出しがち…

その犠牲が娘に向いてしまい、虫歯という結果になったと思う。

今でも思う、あの時こういう風に出来てたら。

ちゃんと出来てればこうじゃなかったかも。

なんてタラレバ話が止まらない~!

後悔ばかりの私の子育て(汗)

応援クリックいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする